除雪作業を効率よく

塗装中のレンガ

北海道や東北などの雪国に住んでいる人にとっては、冬の除雪作業は珍しいことではありません。それでも高齢者にとってはかなり辛い作業です。地域に寄っては何メートルもつもりますので、毎日のように除雪作業が必要です。時間もかかりますし、道具も必要です。効率的に終わらせるように工夫したいものです。家の前に川があるようでしたら、雪を川に流すことで溶けて流れていきます。屋根から下した雪は結構な量になり、道路を塞いでしまいますから、川に流すのは有効です。道よりも屋根の上の作業が大変です。慣れた人でも足を滑らせて思わぬ怪我につながることもあります。そうならないためには、近所の人などと複数で作業をすることです。一人でやってはいけません。

冬の除雪は、家族や近所で協力してやっても大変な作業です。高齢者だけの世帯ではなおさらのことです。若い人や都会の大学生などが、ボランティアで除雪作業をやってくれることもありますが、雪深い地域にとっては毎日雪が降りますので、除雪作業も毎日必要です。ボランティアの人が毎日来てくれるとは限りません。そうなったらお金がかかりますが、業者に頼む方法もあります。広めの公道などは、行政機関が予算を使って土木業者などに委託していますから除雪されていますが、自分の家の屋根は自分で頼む必要があります。お金が勿体ないと思うかもしれませんが、除雪道具を買う費用が節約できますし、思わぬ怪我からくる治療費の節約にもなります。